スピリチュアルなヒーリングアート

スピリチュアルヒーリングアートの世界は具体・抽象的・物質的・
非物質的存在的なものと色々なヒーリングアートがあるはずです。

好印象のヒーリングアートはやっぱり天使などの癒しのシンボル
として知られているし。

非物質的存在のイメージアートなどであろうと思うよヾ(@~▽~@)ノ

抽象的イメージで美しく神秘的な絵が多いように思われるねー。

自然にモチーフをたくさんの素材で加工したのが、メルヘンと
呼ばれていますね。

スピリチュアル性の強いヒーリングアートを眺めまくっていると
言葉ではもらえないヒーリングのすばらしいものが、わからないのだ。

「一枚の絵は1000の言葉に匹敵する」といった名言があるけど絵自体は
言葉よりより多くの物をもらうことが出来るシンプルなヒーリングの
方法だと思うよおへぇー知らなかったね^^

絵画などは、そうしたスピリチュアルな意味を持っているのだと
思いますが、一時期あの有名なクリスチャン・ラッセンの絵が、
けっこう人気だったときがあるよね。

今も有名だけどね^^;でもそんな有名な人の絵より自分は幼稚園児が
書いた絵のほうがすばらしいと思うのは、自分だけかしら^^;

クリスチャン・ラッセンは、すばらしいヒーリングアートの
芸術家の一人ですよね!!

ある意味幼稚園児のほうが、うまいと思うのだが・・・・

こっちのほうがヒーリングアートにもってこいだよね
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49054545
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。